HOME

いなかソンin南島原とは

南島原の魅力

イベント概要

参加を申し込む

いなかソン in 南島原Hackathon- MINAMISHIMABARA 南島原ならではの魅力を引き出すアプリを開発しよう!

新着情報

いなかソン in 南島原とは?

風光明美な半島で、現地の土地や人、食に触れながら地域を題材にしたアプリ開発を楽しむアイデアソン&ハッカソンを、今秋、長崎県南島原市で開催します。

 

参加者は10月のアイデアソン、そして11月のハッカソンと計2回、2泊3日で南島原市に滞在し、自らのアイデアを競い合います。現地では人との交流や実際の体験から地域への関心を高めつつ、いなかを舞台に地域で役立つアプリ開発を楽しみます。

 

旅費・宿泊費はなんと主催者負担(※注)!

 

いなかでのアイデアソン&ハッカソンに関心ある方の参加を歓迎します!

※注:「いなかソン in 南島原」の旅費・宿泊費について

アイデアソン、ハッカソンのいずれも、主催者が指定する地域(東京・大阪・福岡を予定)から開催地までの旅費と、現地での宿泊は、主催者が規定額を補助します。現地での体験、食事、土産購入等の費用は参加者にて実費負担となります。

南島原の魅力

半島の恵みをディープに味わえる地域

南島原市は長崎県の島原半島南部に位置し、農業を中心とした一次産業が盛んな地域です。

 

雲仙普賢岳と有明海を臨み、様々な地形に富んだこの半島は、山や海などの景色の豊かさと、田舎暮らしをゆったりと楽しむには絶好の地域で、半島の南部を占める南島原市では、さらにディープな「ゆとり」と「癒し」を体感できます。

 

県内1位の算出額を誇る農林業をはじめ、水産業、食品加工業、観光業が主な産業で、山も海もある半島ならではの食の宝庫と観光資源を抱えています。

 

食の名産のひとつは、全国2位の島原手延べそうめん。伝統の技が実現するコシの強さとのど越しの良さが自慢で、生産者も市内に複数点在します。そうめん文化を前面に出すべく、そうめんのみならず「SOU MEN CITY Tシャツ」も作ってしまう、そんなノリの良い一面も。

 

農業は野菜、果樹を中心に栄え、しいたけ生産者の中にはカフェを併設して、しいたけソフトクリームなんて一品も作り上げる事業者もいます。

農×田舎暮らし×ITの融合を目指す

南島原では、地域をフィールドとしたITの新たな試みを歓迎します。今回のアイデアソン・ハッカソンも含め、以下の取り組みを随時、行っています。

 

(1)南島原市の視察・体験

観光と併せ、南島原市内にあるそうめん工場などの加工品、農林水産業の現場など、広く知っていただくための、企業視察ツアーを企画・実施します。

 

(2)IT開発合宿の企画・誘致

南島原市のゆったりとした環境での試験的なIT開発業務を含め、システムエンジニアの方々の交流のため、IT開発合宿を企画・誘致します。

 

(3)地元若手生産者との交流

農×田舎暮らし×ITの実現に向けて、意欲ある地元若手生産者と東京のIT企業が交流する場を設定します。

隠れキリシタンの歴史を今に伝える

現在の市南端に位置する口之津港は、戦国時代に有馬氏が海外の貿易港として整備。南蛮船が来航した南蛮貿易の拠点でもあり、日本のキリスト教布教の重要な場所でもありました。

 

天正遣欧少年使節が持ち帰った活版印刷機により日本で最初の活字の本が出版された加津佐、西洋文化が華開いた城下町を擁した日野江、そして、キリスト教禁教から日本を鎖国へと導いた日本史上最も大きな一揆である島原の乱の終焉の地、原城。

 

南島原市は歴史豊かな町でもあり、特に「原城跡」は、「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の構成資産として、世界遺産登録を目指す活動を市を挙げて行っています。

イベント概要

10月と11月の2回、参加者を全員、南島原市までご招待。

いなかソンin南島原は、それぞれ2泊3日のアイデアソンとハッカソンで構成されています。

 

<アイデアソン(2泊3日)>

▼日時:2016年10月21日(金)-23日(日)

 

<ハッカソン(2泊3日)>

▼日時:2016年11月25日(金)-27日(日)

 

▼会場:エコ・パーク論所原(〒859-2303 長崎県南島原市北有馬町丙4731−1) ほか

 

※原則10月のアイデアソン、11月のハッカソン両方の参加が必須です。

※旅費・宿泊費の補助は主催者が指定するエリア発に適用します。

※要事前申し込み

 

▼プログラム(予定)

<アイデアソン>

10/21(金) 見学&体験コースめぐり

 ・午後 現地見学&体験コース

 ・夜  宿泊施設にて交流会

10/22(土) アイデアソン

 ・午前 現地見学&体験コース

 ・午後 現地体験コース&アイデアソン

10/23(日)アイデアソン・成果発表

 ・午前 アイデアソンブラッシュアップ

 ・午後 成果発表(審査・講評あり)

 

<ハッカソン>

11/25(金)アイデア振り返り

 ・午後 アイデアソン成果振り返り

 ・夜  宿泊施設にて交流会

11/26(土) ハッカソン

 ・終日 ハッカソン

11/27(日) ハッカソン

 ・午前 ハッカソン

 ・午後 成果発表(審査・講評あり)

 

​▼参加費:無料(宿泊費、及び東京・大阪・福岡から参加の方に交通費を補助します*)

※交通機関、宿泊場所は必ず事務局の指定に従ってください。
 それ以外の場合には交通費・宿泊費の負担は一切致しかねます。

※各拠点毎の出発場所(空港または駅)までの交通費は各自でご負担ください。

 

▼定員:各30名

▼主催:南島原市/▼共催:エイチタス株式会社

 

▼後援:長崎県、九州経済産業局、公益財団法人 長崎県産業振興財団、独立行政法人 中小企業基盤整備機構九州本部、NPO法人 日本Androidの会、一般社団法人 ブロードバンド推進協議会、一般社団法人 長崎県情報産業協会、いさはやコンピュータ・カレッジ、長崎県立大学(順不同)

参加を申し込む

10月のアイデアソン、11月のハッカソンともに主催側が指定する3つの規定コースのいずれかでお越し頂くことを条件に、往復の航空券、または鉄道の乗車券・特急券を支給します。また、それ以外のルート、方法でお越しいただく方には、「規定コース以外」の枠を設けています(この場合、旅費はご参加者の自己負担となります)

規定コースごとにお申し込みフォームが異なりますので、ご注意ください。

(各規定コースともに定員がございます)

 

▼規定コースA:東京(飛行機:羽田空港 - 長崎空港 往復)  定員…15名

往路:10/21(金)ANA661便 羽田発08:15 ~ 長崎着10:10

復路:10/23(日)ANA670便 長崎発18:55 ~ 羽田着20:40

※定員に達したため募集は終了しました

 

▼規定コースB:大阪(飛行機:伊丹空港 - 長崎空港 往復)  定員…5名

往路:10/21(金)ANA781便 伊丹発09:45 ~ 長崎着11:00

復路:10/23(日)JAL2378便 長崎発19:15 ~ 伊丹着20:25

※定員に達したため募集は終了しました

 

▼規定コースC:福岡(鉄道:博多駅 - 諫早駅 往復)  定員…5名

往路:10/21(金)かもめ13号 博多駅09:55 ~ 諫早駅11:31

復路:10/23(日)かもめ38号 諫早駅17:39 ~博多駅19:41

※定員に達したため募集は終了しました

 

▼規定コース以外  定員…5名

※定員に達したため募集は終了しました



参加にあたってのご注意(旅費・宿泊費について)

※10月のアイデアソン、11月のハッカソンの計2回、両方ともにご参加頂くことが必須です。

※アイデアソン、ハッカソンともに規定コースA、B、Cは金曜日の朝出発の航空便または鉄道の便の指定となりますので、両日程ともに金曜日の朝からスケジュールを抑えられることを今一度お確かめください。

※規定コースA、B、Cそれぞれについて、主催側が支給するチケットに指定された航空便、列車便(上記に記載しているもの以外)への変更はできません。(旅費支給対象外となります)

※上記航空便の離発着時間は10月のものです。11月とは時間が若干、異なります。

※会場は宿泊施設併設となっております。宿泊・お食事のご案内は別途お送りいたします。

※いずれのコースを選んだ場合でも、宿泊費は無料です。

 

 

その他のお問い合わせ先

いなかソンin南島原事務局 event@htus.jp